JAL電話予約後の支払期限

telephone-586266_640

JALの電話予約が終われば、次はフライトチケットの支払いです。しかし、支払いには期限が設けてあります。期限内に支払わないと、予約が無効になってしまいますので、きちんと支払うようにしましょう。

■電話予約後の購入期限

電話予約を済ませたら、代金を支払って、搭乗券を手に入れなければなりません。代金の支払いには期限があり、この期限を過ぎてしまうと購入できなくなってしまうので、注意が必要です。
フライトチケットは、予約後3日以内に支払いを済ませなければいけません。意外と早く支払い期限が過ぎてしまうので、早めに支払っておくといいでしょう。この3日以内というのは、一般的なフライトチケットを購入した場合の期限で、早割などの特典のあるチケットの支払期限は早くなる場合もあります。

■早割の支払期限には注意が必要

例えば、『ウルトラ先得』というサービスを利用して、フライトチケットを購入したとします。ウルトラ先得とは、出発75日以上前に購入をすることで、バーゲン価格で飛行機に乗ることができるサービスです。
よく、出発75日前に予約を済ませて安心してしまう方がいらっしゃいますが、これではいけません。購入を75日前までに済ませる、つまり予約後の交通費用の支払いを、出発75日前までに済ませなければいけないのです。
75日前ギリギリに予約をして、次の日に代金を支払っていては、いけないのです。

■自分の予約したフライトチケットの内容を確認しておこう

予約をするときに、自分のフライトチケットの内容を確認しておきましょう。安心をしていると、支払い期限が過ぎてしまいます。まれに搭乗日までに購入をすればいいと考えている人もいるようですので、間違えないようにしたいですね。
とは言っても、電話予約であるならば、支払期限をきちんと伝えてくれることでしょう。それをきちんとメモしておけば、問題なく支払いを済ませることができるのではないでしょうか。自ら支払期限を確認しておくなどしてもいいでしょう。

■まとめ

JALに電話予約後、3日以内にチケット代金を支払わなければいけません。また、早割などのサービスを利用して予約をした場合、それに応じて支払い期限に代わりが生じるので、注意が必要です。
電話予約時に向こうが支払期限について伝えてくるので、きちんと把握しておくようにしましょう。