お盆休みを利用して初めての中国、上海の旅

上海への飛行機の中にて

羽田空港昼頃出発の便で上海へ行きました。電話で予約してあった窓側の席に座ったのでとても快適でした。上海まではおよそ三時間ほどのフライトという事で国際線にしては短いですが、快適なフライトを楽しめました。jalではスカイWi-Fiというものがあり、なんと飛行機の中でスマホやパソコンなどでインターネットが出来るのです。対応している機種は限定されていますが、料金も安くてとても便利なサービスです。

国内線では無料Wi-Fiなので尚更便利なサービスです。登録の仕方も簡単で、もしわからなかったら近くのキャビンアテンダントさんが丁寧に教えてくださるのでとても簡単です。

飛行機の中での楽しみといえば、機内食もありますね。この時は北海道シリーズをやっていて海鮮塩焼きそばでした。jalの機内食は年々進化していてエコノミークラスでもとてもおいしい機内食を食べることができます。

上海で観光している時の出来事

空港についたあとホテルに行く前に、中国といえばパンダなのでリニアモーターカーと電車を使い、野生動物園というところに行きました。日本では上野動物園で一匹二匹程度しか見ることができず人も多いですが、上海の野生動物園では四、五匹はいて、とてもビックリしました。パンダ館というところにいて、人もそれほど多くなく日本ではあまり見られないのでとても満足しました。

その後、jalダイナミックパッケージで予約していた上海賓館というホテルに行き、チェックインしました。jalへ問い合わせした時にここのホテルについても電話予約していたので、ホテルのスタッフの方は日本語を話すことができませんが、スムーズにチェックインすることが出来て良かったです。
二日目には卓球王国中国に来たということで、卓球用品店を散策しました。凄くレアな用具を手に入れました。

上海で観光しすぎて帰国時にハプニング!?

最終日は、16時半頃のjalの飛行機で帰国予定でした。この日も卓球用品を散策していて、上海のいろんなところを探していましたが、目当てのものがなく、二日目に訪れた大きな店に今日は開いてるかどうか電話で確認をし、そちらの店へ行きました。欲しかったラケットは買えませんでしたがラバーは買うことが出来ました。

その後、ホテルへ荷物を取りに行きました。ホテルから空港へ行くときにリニアモーターカーではなく普通の地下鉄で行きました。しかし、結構遅くて、気づいたら出発一時間前になってしまいました。空港について走ってカウンターまで行き、手続きをしました。

jalの現地の日本語ペラペラのスタッフの方が丁寧に対応してくださり、出国審査も並ばずに特別枠のところに通してもらったのでなんとか間に合いました。帰りも電話予約した窓側座席でした。旅行でかなり疲れましたがjalの飛行機の機内でゆったりとできて安心しました。

Follow me!